hour-blog

緩く気儘に更新予定

シリウス / UVERworld

思い出すだけで泣いてしまう
悔しかった あの事忘れられないだろうけど
君が笑うことが嬉しい
自分が今泣いてること忘れちゃうくらい

 

自分が特別じゃ無いと そんなことは気づいてから飛び出した
眠ることを惜しんだ

いっそもうこのまま永遠に眠れと願う日もあった

 

もう金なんて無きゃ無いで
生きていける事は経験し証明して来た
散々ひっぱ叩かれてから 叩かれても痛くはない
大事な人の言葉でしか傷つかない

 

どんな自分勝手な生き方も
自分のものだけじゃ無い事も気づいてる
テンポも 歩幅も 手法も違っても
同じ幸せ願ってくれる人がいることも

 

何度だってやり直せばいい それだけだから
苦しいとか思わなかったけど
君を心配そうな顔させている
そんな日々が許せなかった

 

楽しくなくても笑える
嫌いな奴に愛想だって振る舞える
その場の空気読んで意見合わすこともできる
鏡の前で言う お前はいったい誰なんだ?

 

自分自身と この人生に
負けを認めないで生きて来たけど
何度か側から見りゃ 絶望によく似た
取り返しのつかない経験もした

 

あの日誰もが思ってた
あいつの人生はもう終わったと

 

誰に笑われようが構わない
言わせておけばいいと思っていたけど
君に悲しそうな顔させている
それだけが許せなかった

 

でもね今日の喜びもこの出会いも
この先訪れる幸せも
人生終わったと思われたあの日から
始まっていたんだよ

 

そうして君の人生も

君だけのものじゃないことも分かるだろう?
テンポも 歩幅も 手法も違っても
同じ幸せ願ってるよ

 

愛する人達と愛してくれる人達よ
幸せに過ごしててほしいよ
そこに僕を入れてくれるなら嬉しい
辛かった日々忘れちゃうくらい

 

思い出すだけで泣いてしまう
悔しかった あの事忘れられないだろうけど
君が笑ってることが嬉しい
自分が今泣いてること忘れちゃうくらい

 

人は悲しみ受け入れなきゃいけない日々に 希望失わぬように
自分以外に護りたいと思うものが一つ それがあればいい