hour-blog

緩く気儘に更新予定

THE OVER / UVERworld

最後まで 嘘ついてまで 一人になろうとするんだね
何もかも嫌になってしまう程 自分の事を知りすぎているから
いつからか僕はもう 逃げようとしてた

 

何も無いのに 兎に角ずっと悲しくてたまらなかった
こんな時代で ありのままで生きてけるわけなんて無かったし

大切な君だけは 失いたくないから 本当の自分を隠して またつくろって行く
僕はいつか失ってしまう 分かってるからもどかしいよ

 

 

テレビの中の俳優や大富豪やビッグスターなら
君を満足させれるだろう そして幸せにもするだろう
でも僕は君を想うしか無い 僕は君を想うしか無い
伝えようとして 空を眺め立ち止まる
傘をさすかどうか迷う程の雨 思い切りの無さは 僕のようだった

 

 

諦めながら 生きて行く毎日は 何をしても悲しいだけだった
誰よりも愛されたいのに 一人になろうとしていた事も
大切な君のためだったよ

 

伝えたい気持ちは溢れてくるのに 言葉にすればする程 違って行く
それが もどかしいんだよ

 

 

一番幸せ願って 一番哀しませてそうで
自分に自信が無かった できるだけ一人で生きて来た
でも君だけが離せない なぜ君だけが離せない
一人じゃないと 理解してしまった感情を
抑えきれないと 認めた時に なぜ涙が出たのかは分からないけど
よく見れば 青空も 青一色じゃ無い
その複雑さは 心を映したようだ

 

 

未来へ向かうボートに乗って オールで漕ぐ僕からすれば後ろへ進む
僕には進む先は見えない でも 君が向かいに座って見ていてくれるなら
何処に辿り着いたって 辿り着かなかったとして
未来を想像すれば だいたい幸せだった
ああ 好きだよ 君も僕を選ぶなら もう離そうとしないよ

 

年をとり日が経って 言葉さえ失って
二人過ごした日々を君が忘れてしまった時も


変わらず手を握りしめ 変わって行く君を支えて
最後まで心で対話して 守り優しさを与えていくよ


いつまでも君を想うだろう 最後まで想い抜くだろう
一人じゃないと感じさせてみせるよ

 

どんなに言葉の意味を調べても どれほど強くイメージしてみても
一人きりのままじゃ 知れなかった
あの 探してた愛は君そのものなんだ

 

誰もが自分を超えられる OVER
一人になんてさせやしないよ OVER

さあ すべてを超える OVER